沖縄21世紀ビジョン

リレーエッセイリレーエッセイ

沖縄の未来をつくる!

【今回のエッセイ寄稿者】那覇市立金城中学校 3年
奥濱 萌乃香さん

【挨拶】

 ハイタイ!初めまして。私は、今回のエッセイを担当します、奥濱萌乃香と申します。
 私のエッセイのテーマは、「沖縄の未来をつくる」です。
 では、自己紹介をします。
 金城中学校3年生。部活は、卓球部で、右利きの攻撃マンです。小学生の頃から歴史が好きで、特に琉球歴史を熱心に勉強しています。首里城に盛んに通ったりと、今でも沖縄が大好きな中学生です!

チームメイトと私

首里城

 

【今度は、私達が沖縄をつくっていく番!!】

 そんな私が最近思っている事について、中学生議会の経験も踏まえながら文章を綴っていきたいと思います。私が、中学生議会に参加した時に1番印象に残った事は、議場の独特な雰囲気と、発表する時のこれまで経験したことのない緊張感です。

 私たちグループは、沖縄の学力と県の政策について質問しました。県によると、「生徒が主体的に参加する授業づくり」「望ましい生活習慣・学習習慣の確立」など、生徒を尊重した政策をおこなっていくとのことでした。
 「沖縄の学力も、これからぐんぐん上がっていきそうです!!」
 私は中学生議会で、21世紀ビジョンの存在を初めて知りました。この取組は、沖縄をよりよく創っていくだけでなく、これからの沖縄を担う人材を育成していく素晴らしい企画です。
 そして、私も中学生議会に参加した一人なので、これからの沖縄を担う人材になれたらいいと思っています!

 突然ですが沖縄は、地理的環境に恵まれ、自然も多く、日本の中でも独自の文化を持った島国です。
 琉球王国時代の歴史や文化は、世界遺産にも認定され、今も大切に守られています。私たちは、そんな偉大な先人達が築いた島で、今生活をしているのです。今度は、私達が沖縄をつくっていく番!!
 「沖縄の未来をつくる」一人一人が沖縄の事を考え、将来の沖縄に貢献していく。私の夢は、沖縄をこれまで以上に素晴らしい島国にすることです。

 21世紀ビジョンの掲げる2030年。どのような沖縄になっているのでしょうか?
 もう沖縄も学力最下位を脱出している事でしょう・・・きっと!これからの沖縄を楽しみにしながら、造るのは私達だという事を胸に・・・。
 皆で頑張っていきましょう!
 これまで私のエッセイを読んでくれて・・・イッペーニフェーデービル!

【次回のエッセイ】
 次回のエッセイ寄稿者は南大東村立南大東中学校3年の玉那覇妃音さんです。
 タイトルは「住みやすい南大東島に」です。
 次回の更新は1月24日(火)です。お楽しみに~。

ページの先頭へ