沖縄21世紀ビジョン

将来像1 沖縄らしい自然と歴史、伝統、文化を大切にする島

基本的課題(将来像を実現するために解決しなければならないこと)

自然環境の保全と再生

 失われつつある独特な自然や景観などを、どのように取り戻していけばいいの?

世界に誇れる環境モデル地域の形成

 島しょ圏における環境モデル地域って、どうやってつくるの?

独特の歴史、伝統、文化の復興と創造

 歴史・伝統・文化・県民性などを、どう守り、継承・活用していけばいいの?

沖縄らしい風景・景観とまちづくり

 風景や景観を再認識し、どう守り、創り、育て、活かしていくの?

基本的課題(将来像を実現するために解決しなければならないこと)

沖縄グリーン・イニシアティブ

  • 先進的な自然環境の保全・再生を推進します。ゾーニングや環境収容力の考え方に基づく新たなルール・仕組みづくりを行います。
  • リサイクル技術を高め、廃棄物を資源として活用するシステムを確立します。また、自然環境に負担が少ない循環型社会をめざすとともに、経済発展の好循環を構築していきます。
  • 国際的なモデルとなる「低炭素島しょ社会」をつくっていきます。亜熱帯の海洋島しょ圏という立地特性に合った環境技術(廃棄物資源の地域循環システム、再生可能エネルギーの導入など)の革新を進めます。

沖縄伝統文化・芸術の創造と活用

  • 沖縄のよさと認識されている、命どぅ宝、ユイマール、イチャリバチョーデーといった精神文化を、大切な地域資源として守り、つなげていきます。さらに、普遍的・国際的価値観として世界に発信し、国際交流をはじめ様々な分野で活かしていきます。
  • 芸術、エンターテイメント、食など、文化産業を戦略的に創造・育成し、観光リゾート地としての質を向上させ、新たな産業と雇用を創出します。

千年悠久の人間に優しいまちづくり

  • 沖縄固有の景観・風景・風土を重視し、時間とともに価値が高まっていく「価値創造型のまちづくり」(景観10年、風景100年、風土1000年)を実現します。
  • 高齢化社会と脱自動車社会を見据えた交通環境をつくり、自転車や歩行者中心のコンパクトな都市を創造します。

ページの先頭へ