沖縄21世紀ビジョン

沖縄の未来を考える市町村ワークショップ

全体

  • 実施期間:平成21年6月3日(水)~平成21年12月2日(火)
  • 参加人数:907人(うち行政職員382人、一般県民525人)
  • 全体概要: 沖縄21 世紀ビジョン(仮称)の策定にあたっては、アンケート調査により県民の意見・提言を広く募るとともに、県民相互の議論を深めるため、高校生作文コンテストや地域フォーラム、シンポジウム等を開催してきました。
     今年度は、これまで実施してきた県民意見の集約に加え、地域住民を交えたワークショップを主な内容とする意見交換会を全市町村で実施しました。
     ワークショップでは、市町村職員のほか、NPO法人や地域づくりに関わる協議会、自治会、事業者、PTA、商工会、学生など、幅広い分野の方々に集まっていただきました。
     参加者には、5~10名程度のグループに分かれていただき、沖縄の将来を考える上で、何を残し、何を変えていくか、また、それらを残していく、あるいは変えていくためにどのような取り組みが必要かをテーマに意見を出していただきました。
     ワークショップに参加された県民は900 人を超え、それぞれの参加者が主体的に議論に加わることにより、たくさんの意見を聞くことができました。ワークショップを重ねるにつれ、県民共通の価値観や、県民が望む沖縄の将来像が浮かび上がってきました。
    全体総括のページへ(PDF:214KB)
    全体意見一覧(エクセル:1.4MB)

渡嘉敷村

  • 実施期間:平成21年8月18日(火)14:00
  • 参加人数:12人(うち行政職員8人、自治会役員など4人)
  • 全体概要: 渡嘉敷村は、那覇から距離が近く、観光客も多いところから比較的条件がいいと思われる渡嘉敷島だが、距離が近いがゆえの問題もあり、また、医療や教育等、離島共通の課題は同じ状況がある。
     島の観光資源である美しいサンゴ礁やホエールウォッチングも那覇からの日帰り業者が多く参入し、島の観光収入が減ったり、アンカーで珊瑚を傷つけるような弊害も多い。自然保護は入域料や、入域規制を検討して無人島も管理して自然環境を守っていきたい。また、夏場と冬場の観光客の数に大きな差があるので通年を通した雇用の場になっていない。若い人の雇用の場、住む家、保育の場が必要である。
     観光に関しては島の人、全体の意識を変えてもてなしの心を育むとともに、農業では有機無農薬農業への取り組みが始まっているため、農水産業の担い手を育成するし、観光と連携した取り組みをして、島に若者を定住させていきたい。また、島内での起業を支援して、島の特産品を開発していきたい。
     文化はけらま太鼓や、綱引きなどの伝統行事を通じて継承されている。 
     教育では山村留学の取り組みが、島のこどもたちや周囲にも元気な影響を与え始めている。
     青年会の人たちが島の将来を真剣に考えて取り組んでいるのが印象的だった。
  • 意見詳細:tokashiki.xls

地域別一覧

ページの先頭へ