沖縄21世紀ビジョン

社会経済展望値(フレーム)社会経済展望値(フレーム)

 基本計画でかかげた5つの将来像の実現のための施策や事業が、着実に、効果的に実施された場合の、令和3年(2021年)の沖縄の人口や社会経済の姿を予測して、数字であらわしたものです。

人口

  • 令和7年(2025年)頃まで人口増加が見込まれており、平成30年(2018年)には144.8万人と展望値を超えています。

就業者数・完全失業率

  • 令和元年(2019年)の就業者数72.6万人、完全失業率は2.7%となり、それぞれ展望値より改善しています。

県内総生産・
1人当たり県民所得

  • 平成28年度(2016年度)の名目県内総生産は、4兆2,820億円、1人当たり県民所得は227万円となり着実に増加しています。

●完 全 失 業 率…●完全失業率
15歳以上の働く意欲のある人のうち、職が無く求職活動をしている人の割合
●県 内 総 生 産…●県内総生産
1年間に県内の生産活動によって新たに生み出したモノやサービスの合計
●1人当たり県民所得
1年間に県民に分配された「雇用者報酬」、「企業所得」、「財産所得」の合計を人口で除したもの

※H22とR3展望値の名目県内総生産と1人当たり県民所得は、計画策定時の県民経済計算を基にした値

ページの先頭へ